The features of LOGIPREMIUM

連携サービス

 

ロジプレミアムの
連携サービスとは

高いリテラシーによる円滑なシステム連携

物流業務の構築にあたり、お客様のシステムとWMS(倉庫管理システム)との連携は避けて通れません。とくに、EC事業者様の場合は、モールやショッピングカートの管理システムや、統合型の受注管理システムをご利用されるケースがほとんどで、倉庫側とのシステム面での連携が円滑かどうかは、その後の運用に大きく影響します。 ロジプレミアムでは、EC受注管理システムの代表格である、「NextEngine(ネクストエンジン)」や、「CROSS MALL(クロスモール)」、B2Bの受注管理の代表的なツール「アラジンオフィス」、EC自動連係アプリ「シッピーノ」と提携パートナーとして、豊富な業務連携の実績があります。連携実績の無いシステムでもお客様やシステム会社様と一緒にスムーズな連携をコーディネイトいたします。
  • 複数のECショップを 運営しているなら導入必須の 「複数ショップ一元管理」システム

    連携の詳細はこちら
  • 複数ネットショップの 在庫・商品・受注・発注(仕入管理) ができる多機能ASPシステム

    連携の詳細はこちら
  • 各業界特有の商習慣に対応し、 多くのお客様の声を反映した 販売管理・在庫管理
    パッケージシステム

    連携の詳細はこちら
  • EC運営の出荷業務を 完全に自動化 EC自動連係アプリ

もちろん、EC以外の販売チャネルでも、店舗のPOSシステムとの連携や、頒布会や定期購買を管理するCRMシステムとの連携、会計や基幹システムとの連携、納品先様のEDIとの連携など、幅広く対応しています。荷主企業様の現状のシステムをまずはご確認、調査させて頂き、システム的な課題を洗い出した中で、どのレベルでの連携が必要なのかをお客様と協議しながら進めてまいります。 場合によっては、当社の運用するWMSにこだわらず、外部のシステム企業と連携したり、お客様のシステムそのものを利用して物流オペレーションを設計したり、柔軟に対応しています。

RPA「Robotic Process Automation」で
事務系の定型作業を自動化

物流会社のロボットといえば、自動倉庫、自動搬送機、自動仕分機、自動製函機、自動梱包機など、作業を代行してくれる機械がまず思い浮かびます。もちろん、ロジプレミアムでも、こうした機械化の取り組みは実施していますが、人が関わる作業は、なにも手足を動かす作業ばかりではありません。 物流の現場で、案外時間を要するのが、事務作業です。特にロジプレミアムは、EC物流の実績が多く、B2BにせよB2Cにせよ、ほとんどの場合、荷主のお客様が運用する受注管理(販売管理)システムと、当社の倉庫管理システム(WMS)との間で指示や実績のデータを交換することが必須になります。
RPA「Robotic Process Automation」

例えば…

  • ●WMSから入荷や出荷の実績データ(いつ、どの運送会社で、問い合わせ番号は何番か)を抽出して、荷主お客様の運用システムにデータをアップロードする
  • ●WMSのデータをもとに、特定の作業用のリストを作成したり、数値情報を集計
主要な受注管理システムでは、倉庫管理システムと連携することを想定して設計されていたり、連携をサポートするアプリが提供されていたりというケースも多く、さほど問題ではないのですが、荷主のお客様が利用されるシステムは、規模や業種によってさまざまで、倉庫管理システムとの連携機能がないものも多くあります。その場合に、個別にアプリを開発したり、API連携を模索したりというわけにもいきませんのでRPAを設定して連携させることで大幅に時間の削減、ケアレスミスからの解放が叶います。 また、在庫情報からABC分析を行い最適な在庫数の配信などを自動で行う取り組みもさせて頂いております。
事務系の作業を自動化

ロジプレミアムの
メリット

様々な専門事業社様との連携ができる!

EC通販物流を分解すると入荷や出荷作業といった倉庫内作業だけでなく、販売店舗の注文を管理する受注処理業務や顧客対応などEC通販物流の領域は多岐にわたります。 お客様によっては受注処理業務をアウトソーシングしていたり、カスタマー業務を外部委託してコアとなる業務に自社のリソースを確保するケースなど様々です。
様々な専門事業社様との連携
ロジプレミアムは物流のプロフェッショナルとして多くの専門企業様と連携させて頂いております。こういった幅広い分野でのアライアンスを構築する事で、各分野のプロフェッショナルをフルフィルメントで提供する事が出来るようになります。 また倉庫の中の作業でもパンツのお直しであったり、お客様やエンドユーザー様のご要望に対して専門事業社様と戦略的業務提携を構築して共同提案などさせて頂き、お客様の「こんな事出来ないか?」「こんな事やりたい」を物流の側面からサポートさせて頂いております。

ルーティンワークの自動化で
作業速度の向上とヒューマンエラーを削減できる!

業務のIT化、システム化はとても重要な課題かと思います。また昨今、バックエンド業務についても、働き方改革や労働生産性の向上など、業務の効率化は企業経営における大きな課題となってきています。 ロジプレミアムでは日々、お客様ごとのこういった課題を解決するために自社開発RPAを利用しお客様の日々の業務を効率化するためのサポートをさせて頂きます。例えばCSVファイルを手作業でダウンロード・アップロードをすることが必要であった、いわゆるファイル連携というものをRPAにより連携を実現できます。
このようなルーティンワークが自動化される事で作業時間が短縮し、作業速度の向上が期待できるのと、デジタル化されることで手作業が減ることで、ヒューマンエラーによる対応作業が削減でき、生産性向上につながります。業務のDX化を推進する事で手作業でしか出来ない価値の高い業務へリソースを集中させることを実現しています。
ルーティンワークの自動化

アライアンス先との連携で 自社だけでは生み出せない大きな価値を創出できる!

日々物流状況は変わっていく中、ロジプレミアムでは複数企業間の協業により自社だけでは生み出せないような大きな価値を創出する事を目的としてお客様の課題解決や顧客満足の向上ができるようアライアンス先との連携に力を入れて取り組んでおります。 その一環としてアライアンス先と連携し共催セミナー・メルマガ配信にてお客様にとって有益な最新情報を発信しております。昨今は「予測不可能な時代」とされ市場の変化において常に新しい情報が不可欠となります。アライアンス先との連携によりロジプレミアムではお客様が変化に対応できるよういち早く最新情報を入手しサポートさせて頂きます。
アライアンス先との連携

ご提案事例

CASE1
BEFORE

作業の属人化により、一部が滞ると
スムーズな運用ができず時間ばかりかかる

BEFORE
社内業務が複数の部署を跨いで行われていた為、全体の流れの共有が出来ておらず、一部の業務が滞ると以降の業務がすべて止まってしまっておりました。属人的になってしまっている部分やブラックボックス化している事も整理が出来ず労働時間だけが長くなり非効率な運用方法でパンク寸前でした。
AFTER

人的リソースの自動化で解決

AFTER
受発注・物流業務にまつわる人的リソースを自動化することで、自社の商品開発、販促活動など、大切だと分かっていながら時間を作れていなかったコア業務に時間を使うことができるようになりました。
人的リソースの自動化
CASE2
BEFORE

受注・出荷実績の連携を低コストで自動化できないものか

BEFORE
OMS(受注管理システム)受注データのインポートや出荷実績の連携を手動で行っておりましたが、日によって時間がバラバラで一日の運用が安定しておりませんでした。API連携など検討しておりましたが出来る限りコストを抑えた運用がないものか模索しておりました。
AFTER

OMSとWMSを無料で連携し、一日の運用を大幅改善

AFTER

OMS(受注管理システム)とWMS(倉庫在庫システム)の連携を無料のRPAサービスをご提案頂き導入しました。決まった時間に受注データを取り出して出荷が完了したら決まった時間に出荷実績が連携されるので、一日の運用が大幅に改善されました。また、定期購入回数に合わせた同梱設定も上記同様に行い、精度とお客様のリピート率向上、解約率を軽減させることができました。

OMSとWMSを無料で連携
CASE3
BEFORE

マルチチャネルの管理に
最適なシステムが分からず、業務が煩雑化

BEFORE
B2B/B2Cのマルチ販売チャネル化を進めておりましたが最適なシステムがわからずアナログ管理とシステム運用の2軸で運営しておりました。規模が大きくなるにつれて業務が煩雑し適正な管理が出来なくなっておりました。また、作業業務後にサイト構築など時間を取ることで残業が続いていました。
AFTER

ビジネス形態にに合わせたシステムのご提案で、
精度と所要時間を改善

AFTER

B2B向けのカートをご提案頂き、B2B特有の商習慣であるFAXや電話での受発注業務ををWeb化する事が出来ました。いただいた注文データはロジプレミアムと自動連携が出来ているので、手入力によるミスが軽減され更に処理にかかる時間が改善しました。

そのほかの
ロジプレミアムの特徴

導入事例

  • 全て
  • アパレル
  • コスメ
  • 家電
  • 雑貨
全ての導入事例を見る
TOPへ戻る